ゆめのある子応援日記

日南市移住、れろのブログ

武将の墓

富山石見守の墓

龍虎城内にある富山石見守夫妻の墓です。 龍虎城の武将 富山石見守は庄内の乱で龍虎城に攻めてきた島津の軍勢と日光郷ヶ迫で戦い戦死しました。富山石見守の墓は右側で、墓石には「外山岩見」と刻まれています。

妙円寺跡石塔群

宮崎市生目地区にある妙円寺跡石塔群です。 南北朝時代以降の墓石1237基が整然と並んでおり壮観。 墓石の中には石塚城主 伊東祐武など伊東家にまつわるものもあります。 宮崎市の隠れ穴場スポットとしておすすめです😌💓

石塚城主 伊東祐武の墓

宮崎市大字浮田の妙円寺跡石塔群の中に、石塚城主の伊東祐武の墓があります。門川伊東氏である伊東祐武は応永年間に石塚城を築いて城主となり石塚伊東氏と呼ばれました。石塚城に攻めてきた島津氏の軍勢を撃退しています。 1418年 伊東祐武は本家である都於…

麻生隆守の墓と隆守院

福岡県遠賀郡岡垣町にある岡城主 麻生隆守の墓です。岡城の山腹に祀られています。 右側が麻生隆守公の墓で隆守公の戒名である「松月院」の文字が見えます。左側は麻生隆守の妻、娘?の墓だそうです。 1546年 大友宗麟の家臣 瓜生貞延に岡城を攻められ自刃し…

井上之房の墓と龍昌寺

福岡県遠賀郡岡垣町にある龍昌寺。岡城主 麻生家延の孫 麻生弘繁が開基したた寺で長門の大寧寺の流れを汲むそうです。大寧寺といったら周防の大内義隆が家臣 陶晴賢の謀反にあい自刃した寺でもあります。その大寧寺に関係ある寺が福岡にあるのは麻生氏が大内…

海野藤十郎の墓

日南市東郷の福谷地区には伊東祐兵の家臣 海野藤十郎の墓があります。 戦国時代に現在の宮崎県の大部分を領して伊東氏の全盛を築いた日向国主 伊東義祐。 1572年 木崎原の戦いで伊東義祐は島津氏に大敗し伊東48城の一部の家臣団が次々に島津氏に寝返り、国を…

伊東祐実と油津堀川運河

日南市楠原の報恩寺跡伊東墓地にある飫肥藩5代藩主 伊東祐実の墓。 飫肥藩5代藩主 伊東祐実は薩摩藩との境界争いである牛の峠論山の勝訴、油津堀川運河の開削、日向灘沖大地震の被害を受けた飫肥城の大改修など多くの功績を残しています。洞林(どうりん)公…

伊東祐国の供養塔

飫肥城の北にある東楽寺跡近くには1485年の飫肥城攻めで戦死した伊東祐国(すけくに)の供養塔があります。 伊東祐国は西都の都於郡城主で伊東氏12代当主。 飫肥城主 新納忠続と櫛間城主 伊作久逸が島津家臣同士でありながら仲間割れ。 伊作久逸は伊東氏に援…

伊東平右衛門の墓

日南市南郷町贄波の海岸近くに伊東平右衛門祐続の墓があります。 伊東平右衛門は飫肥城主 伊東祐兵の家臣でしたが、長倉甚兵衛、川崎又右衛門らとともに、伊東義賢(祐兵の兄の子)こそ伊東家の嫡流であり、飫肥の領主は祐兵ではなく義賢がふさわしいと思う…

山田匡得の墓

日南市酒谷にある山田匡得(きょうとく)の墓を参拝しました。 山田匡得は伊東氏の家臣で島津氏との合戦において前線で活躍し、伊東軍の猛将として島津から恐れられた武将です 山田宗昌の名でも知られます。 彼が最後に城主をつとめた酒谷城の麓に墓は祀られ…

三納城

昨日 西都でキャンプ見たあと三納城にいってきました。上の写真は西側から見た三納城の遠望です。真下に三納川が流れ断崖絶壁です。 三納(みのう)城は伊東48城の一つで、城主は飯田肥前守祐恵(いいだ ひぜんのかみ すけさと)です。 1577年 飯田肥前守は…

小竹城と小竹五郎高胤の墓

千葉県佐倉市小竹にある小竹城です。 小竹城は小竹五郎高胤の築いた城で、臼井城の出城でした。 小竹城の本丸虎口。 本丸は立派な土塁が巡ります。中は私有地の為立ち入り禁止です。 本丸西側の空堀。 本丸東側の空堀。 小竹城の入口に立つ解説版。縄張り図…

二宮氏館と曽我兄弟の墓

神奈川県中郡二宮町にある二宮氏館の跡に行って来ました。 現在は知足寺になっています。二宮氏は鎌倉時代に中村宗平の四男 友平が二宮郷の地頭となったのが始まり。嫡男の二宮朝忠は曽我兄弟の姉 花月を妻としています。 知足寺の境内にある曽我兄弟 駒止石…

島津氏久 夫妻の墓

鹿児島県志布志市志布志町志布志の志布志市役所前に、志布志城主となった島津家6代当主 島津氏久と妻 敬外夫人の墓があります。 右側が島津氏久の墓。南北朝時代の島津家当主です。 中の墓石には氏久の神号「巌捷男雄彦命」が刻まれています。 もともとこの…

新納駿河守是久の墓

宮崎県串間市北方の極楽寺にある五輪塔群。この中に1485年の飫肥城の戦いで伊東氏に味方し戦死した新納駿河守の墓があります。 新納駿河守は飫肥城主 新納忠続の弟ながら、櫛間城主 伊作久逸と一緒に伊東祐国の軍勢に加わり楠原の上城に陣をしいています。 …

本佐倉城

千葉県印旛郡酒々井町にある千葉氏の本拠地だった本佐倉城にいってきました。 千葉輔胤が千葉氏の内乱を経て、本佐倉城を築き本拠を千葉から佐倉に移したのが始まりといわれています。 根小谷の館前にある本佐倉城の縄張り図。 本佐倉城の東光寺ビョウ。 こ…