ゆめのある子応援日記

日南市移住、れろのブログ

栫谷城

f:id:mai9mami:20210111131127j:plain

鹿児島県曽於郡大崎町永吉にある栫谷(かこいだに)城に行ってきました。

栫谷城は歴史的な記録や古文書に一切でてこない城で、日本城郭体系 鹿児島県編で調査報告した小幡氏が地形や栫谷の地名をもとに城跡と判断したそうです。

もちろん築城者や城主はわかっておらず、室町時代大隅守護 名越氏の代官として大崎の新調堀に赴任した肥後氏が、肝付氏の野卸城と龍相城に対抗するために築いた城だと推定されています。

f:id:mai9mami:20210115094343j:plain

栫谷城の位置。横瀬古墳の西側にある標高約25mほどの丘陵で、堀切を挟んだ南側の丸い曲輪が本丸です。

f:id:mai9mami:20210114142014j:plain

栫谷城の縄張り図(鹿児島県の中世城館跡より転載)。城の縄張りは堀切で丘陵を南北に分断し、南側の丘陵が本丸、北側の丘陵には本丸を防衛するための施設があったものと思われます。

f:id:mai9mami:20210111155410j:plain

栫谷城の堀切への入口。左の丘陵が本丸。

f:id:mai9mami:20210111155253j:plain

堀切。現在道路となっている。左が本丸、右が北側の丘陵。

f:id:mai9mami:20210111132330j:plain

堀切に面した場所にある本丸の入口。入口から藪がすごい!

f:id:mai9mami:20210111133213j:plain

入口から入っていくと本丸の登り道は堀底道を進むようになっていますが、密度がすごい竹藪に悪戦苦闘。この先も竹が倒れてたりでこんな状態がつづきます。普通の人は断念するんでしょうが、竹を払いのけながら進軍。

f:id:mai9mami:20210111134400j:plain

さらに堀底道。

f:id:mai9mami:20210111142450j:plain

栫谷城の本丸。本丸の中もすごい密度の竹藪でした。

f:id:mai9mami:20210111144723j:plain

本丸の丘陵は畑として使われていましたが、現在は放置され荒れ放題になっています。

f:id:mai9mami:20210111141606j:plain

本丸にあった土塁。

f:id:mai9mami:20210111143916j:plain

さらに本丸の土塁。分厚くて立派な土塁が見れて苦労したかいがあります。

f:id:mai9mami:20210111151105j:plain

一度山から出て本丸東側の空堀に向かいます。藪になっていてわかりづらいですがここがその入口。

f:id:mai9mami:20210111153335j:plain

本丸東側の空堀。本丸の切岸が高く圧倒される空堀でした。戦国時代を感じさせる遺構ですね。栫谷城で一番の見所でした。

f:id:mai9mami:20210111125832j:plain

栫谷城の東側側面。

f:id:mai9mami:20210111130303j:plain

栫谷城の堀切の東出口付近の水神様。

f:id:mai9mami:20210111131643j:plain

栫谷城の堀切の西出口付近には山王神社があります。

f:id:mai9mami:20210111131707j:plain

本丸の北西隅の腰郭に鎮座する山王神社

藪コキしながら2時間。想像以上に山の中は荒れていて、身体中に竹が刺さったり、あちこち血が出てるし、ズボンの膝が破けてるし、今までで一番ヘビーな城攻めでした😌

中村城

f:id:mai9mami:20210109144728j:plain

鹿児島県鹿屋市串良町岡崎にある中村城です。

中村城は築城者や城主などの城の詳細はわかっておりません。甫木川を挟んで近くに白寒水城があります。

f:id:mai9mami:20210112163502j:plain

中村城の位置。甫木川の東の丘陵を城地としています。南側の丘陵が中村城で、堀切のような地形を挟んで北側にも丘陵があります。

f:id:mai9mami:20210109145508j:plain

中村城の丘陵(左)と北側の丘陵(右)を分断する堀切のような地形。

f:id:mai9mami:20210109145639j:plain

中村城の丘陵への入口。堀底道か後世の改変なのかはよく分からない。

f:id:mai9mami:20210109150659j:plain

中村城の主郭と思われる曲輪。中村城の丘陵は現在民家と畑になっている。民家に住んでるのは中村さんでした😌 近所の方によると中村城について詳しい話をご存知なのだそうですが、あいにく不在でした。

白寒水城

f:id:mai9mami:20210109154202j:plain

鹿児島県鹿屋市串良町下小原にある白寒水(しらそうず)城に行ってきました。

白寒水城は南北朝時代にこの地の地頭だった津野氏が築いたといわれます。

f:id:mai9mami:20210112163900j:plain

白寒水城の位置。串良の市街地からちょこっと離れた白寒水地区にあります。

f:id:mai9mami:20210112163938j:plain

白寒水城の縄張り図(鹿児島県の中世城館跡より転載)。中央の三方を空堀で囲われた方形の小さい曲輪が二郭といわれ、白寒水城五輪塔群があります。主郭がどこかはわかりません。

f:id:mai9mami:20210109132202j:plain

白寒水城の入口に建つ白寒水城五輪塔群の石碑。

f:id:mai9mami:20210109143412j:plain

白寒水城の二郭南側の空堀

f:id:mai9mami:20210109132914j:plain

二郭南側の空堀を反対方向からみたところ。左が二郭。

f:id:mai9mami:20210109132852j:plain

さらに二郭南側の空堀

f:id:mai9mami:20210109140341j:plain

二郭南側空堀越しに見た二郭の虎口。

f:id:mai9mami:20210109143438j:plain

白寒水城の二郭。土塁に囲われた曲輪に十一面観音と五輪塔群が整然と並びます。

f:id:mai9mami:20210109143453j:plain

二郭の虎口。

f:id:mai9mami:20210109143505j:plain

五輪塔群。

f:id:mai9mami:20210109143613j:plain

五輪塔群。

f:id:mai9mami:20210109133627j:plain

案内板。

f:id:mai9mami:20210109141250j:plain

二郭西側の空堀

土塁、虎口、空堀が明瞭に残り楽しめる山城でした😊

鶴亀城

f:id:mai9mami:20210109101248j:plain

鹿児島県鹿屋市串良町岡崎にある鶴亀城(串良城)に行ってきました。

鶴亀城は1411年島津久豊の命により串良の地頭となった平田重宗が築いたといわれています。薩摩平田氏は代々島津氏の家老を務めた家柄です。その後、幾度の変遷を経て串良は肝付氏の所領となり、鶴亀城も肝付氏配下の城となりました。上写真は豊栄橋から撮影した鶴亀城の本丸の山。

f:id:mai9mami:20210112162858j:plain

鶴亀城の位置。鹿屋市串良総合支所(旧串良町役場)の背後にある山は鶴亀城の本丸の一部です。

f:id:mai9mami:20210109130333j:plain

鶴亀城の案内板。鶴亀城は本丸から八郭までの8つの曲輪で構成された城でしたが、現在は削り残された本丸の一部がかろうじて残るのみ。

f:id:mai9mami:20210109130616j:plain

道路を挟んで左が二郭、三郭(串良小学校)、右が本丸の山。

f:id:mai9mami:20210109130439j:plain

串良麓の地頭仮屋跡。

f:id:mai9mami:20210109125855j:plain

鹿屋市串良総合支所の一角に地頭仮屋の石垣と堀が残ります。

f:id:mai9mami:20210109130228j:plain

地頭仮屋跡の石碑。

f:id:mai9mami:20210109130305j:plain

石碑の側面には1578年肝付兼亮(肝付氏18代)が串良の所領を島津義久により没収され、島津忠長が串良に入り仮屋を設けたことが書かれています。

f:id:mai9mami:20210109101533j:plain

豊栄橋に鶴亀城の本丸の山がインスタ映えする撮影スポットがありました😍

ボニートボニートレッスン@油津Yotten

f:id:mai9mami:20210107180955j:plain

明けましておめでとうございます😊

本日はカツオレッスン初めでした。ミサトちゃん欠席で全員揃わなかったけど、新しい曲のダンス練習が始まりました。

f:id:mai9mami:20210107181011j:plain

宮崎県内でコロナが急激に増え、宮崎県独自の緊急事態宣言が決まりました。

3月を楽しみに頑張るしかない❗

亀之甲山陣城

f:id:mai9mami:20201230151946j:plain

横浜市港北区新羽町にある亀之甲山陣城跡に行ってきました。亀之甲山陣城は長尾景春の乱の際に景春方の矢野兵庫助が籠る小机城を攻めるために太田道灌が築いた陣城です。

上写真は鶴見川越しにみた亀之甲山陣城があったといわれる丘陵。横浜市営地下鉄ブルーライン北新横浜駅から歩いて8分ほどの場所にあります。

f:id:mai9mami:20201231104720j:plain
亀之甲山陣城と小机城の位置。

f:id:mai9mami:20201230145950j:plain

亀之甲山陣城の跡地は資生堂の研究所があった場所ですが、現在は新横浜テクノヒルズ工業団地になっています。遺構はありません。

f:id:mai9mami:20201230142522j:plain

丘陵の北端。

f:id:mai9mami:20201230145141j:plain

畑になっている場所もあります。

f:id:mai9mami:20201230144447j:plain

畑の中にある稲荷社。

 

丘陵上がってすぐ資生堂の研究所跡地で畑をやられている地元の方に伺ったら亀之甲山陣城に関する有力な情報が得られました!😲

亀之甲山陣城の唯一の名残である塚の一部が残されているとのこと。

f:id:mai9mami:20201230150225j:plain

山を造成する際に塚は削られ塚の端の部分のみが残りました。塚からは人骨や甲冑がでてきたのだそう。

 

さらに亀之甲山は亀の甲橋交差点付近にあったという衝撃の事実を聞かされました!

f:id:mai9mami:20201231104638j:plain

亀之甲山のあった位置。亀の甲羅と頭のような2つの小山がつながっていたそうで、現在は高速道路や道路、亀甲橋を造る際に削られてその姿を見ることはできません。

f:id:mai9mami:20201230153222j:plain

現在の亀の甲橋交差点付近。このあたりに亀之甲山があったんですね。

f:id:mai9mami:20201230155258j:plain

亀の甲橋交差点の脇には亀之甲山の甲羅の山の山頂に鎮座していたという浅間神社があります。

f:id:mai9mami:20201230151211j:plain

亀之甲山陣城付近からみた小机城。