ゆめのある子応援日記

日南市移住、れろのブログ

松延城

f:id:mai9mami:20200531124939j:plain

福岡県みやま市瀬高町松田にある松延城です。

上写真は筑紫平野の田んぼの中に残る松延城の本丸跡。周囲の低い田んぼは本丸を囲む内堀の跡です。本丸の周囲は平城の雰囲気がよく残されています😊

f:id:mai9mami:20200603203331j:plain

松延城の地図。地図に移る水路は松延城の水堀の跡で、この水路(堀割)により松延城の縄張りをある程度把握することができます。中央の本丸跡を囲む水堀は内堀の名残です。

f:id:mai9mami:20200531130247j:plain

本丸の入口。道の左右は内堀跡です。

f:id:mai9mami:20200531125937j:plain

本丸の南西隅。下を流れる水路が内堀の名残。

f:id:mai9mami:20200531125958j:plain

本丸南西隅。

f:id:mai9mami:20200531130048j:plain

本丸西側。

f:id:mai9mami:20200531125530j:plain

反対側の本丸南東にも内堀跡の水路。

f:id:mai9mami:20200531133432j:plain

松延天満宮から見た本丸東側。

f:id:mai9mami:20200531125600j:plain

本丸内部。

f:id:mai9mami:20200531134603j:plain

本丸東側の土塁跡。

f:id:mai9mami:20200531124450j:plain

松延城の本丸から見た北側の景色。右手には九州新幹線の線路が見えます。

f:id:mai9mami:20200531135258j:plain

北三ノ丸とその外側をながれる堀。

f:id:mai9mami:20200531133522j:plain

松延城の東にある松延天満宮

 

松延城は山下城主 蒲池鑑広が佐賀の龍造寺氏の侵攻に備えるため家臣の樺島式部に築城させ城主としたのが始まりです。1587年 豊臣秀吉の九州仕置きにより立花宗茂柳川城主となると松延城は柳川城の支城として家臣の立花三郎右衛門が城主になります。1600年関ヶ原の戦い立花宗茂は西軍についたため改易となり、代わって田中吉政柳川城となり、松延城には家臣の松野主馬が入ります。松野主馬はもともと小早川秀秋の家臣でしたが、関ヶ原の戦いで秀秋が徳川方に寝返る方針を固めると、徳川家康と戦いたかった松野主馬は秀秋に反対し戦場を離脱します。それを聞いた田中吉政関ヶ原後に松野主馬を召し抱えています。松延城主となった松野主馬は松延城を大改修し、現在残る堀割などを築いたといわれます。

田んぼの中に残る本丸の城台が畑地となりながらも城跡の面影を残し、周囲を歩けば水堀の名残である水路が集落を流れます。案内板などはありませんでしたが楽しめる城跡でした🥰        

福島城

f:id:mai9mami:20200530114224j:plain

福岡県八女市にある福島城に行って来ました。

福島城は柳川城と同じく堀割が街の中に残る城跡です。1587年秀吉の九州仕置きにより八女の領主となった筑紫広門は上蒲池氏の居城だった山下城に入りますが、城下が狭いため福島の地に新たな城を築きます。それが福島城の始まりです。その後、関ヶ原の戦いで西軍についた筑紫広門が改易されると、1602年 田中吉政筑後一国の国主となり柳川城の支城として福島城を大改築し、三男の田中康政が城主となります。現在残る福島城の遺構はこのときの田中氏の改修によるものです。

福島城の本丸跡の一部は八女公園になっており、本丸北西隅の櫓台が残ります。(上の写真)

f:id:mai9mami:20200530115739j:plain

外側から見た本丸北西隅の櫓台。

f:id:mai9mami:20200530114323j:plain

櫓台の石段。

f:id:mai9mami:20200530114126j:plain

櫓台の石段の横には福島城の城趾碑があります。

f:id:mai9mami:20200530114530j:plain

櫓台の上には櫓のあった石垣と思われるものがあります。

f:id:mai9mami:20200530114410j:plain

櫓台からの景色。

f:id:mai9mami:20200530115911j:plain

八女公園にある福島城本丸の内堀跡。

f:id:mai9mami:20200530114905j:plain

八女公園にある福島城の縄張りのモニュメント。

f:id:mai9mami:20200602090412j:plain
福島城の縄張り図。福島城の見所は、田中吉政の大改修時に築かれた、内堀、中堀、外堀の三重の堀割にあります。街の中に残る堀割や福島城跡の名残を探して、本丸以外の部分もくまなく散策してきました😊

f:id:mai9mami:20200530122802j:plain

福島城の外堀である縄張り図①の八幡堀。福島八幡宮の南側にあります。

f:id:mai9mami:20200530123010j:plain

福島八幡宮が鎮座する南東の隅櫓の櫓台。櫓台には野面積の石垣が残ります。

f:id:mai9mami:20200530123612j:plain

北側から見た福島八幡宮が鎮座する南東隅櫓の櫓台。

f:id:mai9mami:20200530123922j:plain

南東の隅櫓の櫓台に鎮座する福島八幡宮

f:id:mai9mami:20200530122524j:plain

縄張り図②の部分の外堀。

f:id:mai9mami:20200530122259j:plain

縄張り図③の部分の外堀。堺屋の前を流れ奥は左に曲がっています。

f:id:mai9mami:20200530121655j:plain

縄張り図④の部分の外堀。

f:id:mai9mami:20200530121640j:plain

縄張り図④のあたりの外堀にかかる橋。橋を渡った右側には筑紫広門が旧領の肥前田代から移した祇園社があります。

f:id:mai9mami:20200530121111j:plain

④のさらに西に続く外堀。

f:id:mai9mami:20200530121241j:plain

縄張り図⑤の部分の外堀。外堀が縄張り図どおり曲がっているのがわかります。

f:id:mai9mami:20200530120622j:plain

縄張り図⑥の部分の外堀。正福寺の角の部分も縄張り図どおり曲がっています。

f:id:mai9mami:20200530131455j:plain

縄張り図⑦の福島城の西の出入り口にあたる釜屋口(かなやぐち)。右の外堀にかかる橋を渡り、立花地所の左脇の道に曲がるようになっていました。

f:id:mai9mami:20200530132313j:plain

縄張り図⑧の中堀にかかる無量寿院の石橋。

f:id:mai9mami:20200530133004j:plain

外堀の内を通る往還道の枡形(縄張り図⑨)。道に折れがあります。

f:id:mai9mami:20200530130828j:plain

縄張り図⑩の堀江宮。この堀江宮の高台は筑紫広門時代の福島城の本丸があった場所といわれています。

f:id:mai9mami:20200530130802j:plain

筑紫広門時代の福島城があった堀江宮。

f:id:mai9mami:20200530130617j:plain

堀江宮にある福島城の案内板。

f:id:mai9mami:20200530134634j:plain

八女民族資料館にある福島城の復元ジオラマ

 

いや〜素晴らしい、ミニ柳川城といったところでしょうか。

福島城は柳川城と同じく田中吉政の改修によるお城なので、柳川城のように堀割が街の中を巡っています。さらに本丸など城の大部分は市街地となり、かろうじて櫓台(柳川城天守台)が残っているのも共通点かもしれません。福島城のほうの堀割は当時より幅が狭くなり水路になっていますが、歩いて見ると福島城の縄張りの全体像をつかむことができ良かったです。福島城内には昔の街並みも見ることができ散策にはもってこいの街です。城内にある堀江宮と祇園社には田中氏の前の城主 筑紫氏の面影も見ることができました。

f:id:mai9mami:20200530181756j:plain

福島城の堀散策の際にお世話になったマップです🥰

海野藤十郎の墓

f:id:mai9mami:20200509152623j:plain

f:id:mai9mami:20200509152740j:plain

f:id:mai9mami:20200509152558j:plain

日南市東郷の福谷地区には伊東祐兵の家臣 海野藤十郎の墓があります。

戦国時代に現在の宮崎県の大部分を領して伊東氏の全盛を築いた日向国主 伊東義祐。

1572年 木崎原の戦いで伊東義祐は島津氏に大敗し伊東48城の一部の家臣団が次々に島津氏に寝返り、国を維持するのが難しい状況になりました。

1577年 伊東義祐は豊後の大友宗麟を頼り日向国を捨てて亡命します。

この時、伊東義祐の三男の飫肥城主伊東祐兵も島津氏に飫肥城を包囲され、父の義祐に合流するため、飫肥城を捨てて佐土原城に向かいます。

伊東氏がいなくなった飫肥城には島津氏の家臣 上原長門守尚近が入ります。

伊東祐兵の家臣 海野藤十郎は主君が飫肥城から去った後も、島津領となった飫肥に残り福谷の地に隠れ住み島津の内情を探りました。

しかし翌年島津方に潜伏先が発覚し、飫肥城の軍勢に屋敷を囲まれ海野藤十郎は自刃し果てます。

その10年後、伊東祐兵は豊臣秀吉による島津討伐の先導役を務めた功績により1588年 飫肥城主に返り咲きます。

飫肥に戻った伊東祐兵は海野藤十郎を忠臣として飫肥藩の家中に語り継いだといいます。

海野藤十郎の墓は1677年に海野藤十郎の曽孫平部長右衛門俊英が百回忌の法要の際に建てたもので、海野藤十郎が隠れ住んだ屋敷跡に残ります。

笹山城

f:id:mai9mami:20200524115741j:plain

横浜市港南区日限山にある笹山城を散策してきました。2本の鉄塔の立つ場所が笹山城跡です。現在笹山城のあった山には駐車場やマンションが建ち遺構は消滅しています。開発工事の際に山から井戸跡が発見されたそうです。

笹山城は玉縄城の支城と伝えられ、野庭関城も近いことから狼煙をあげて連絡をする小田原北条氏の伝えの城であったと考えられます。

f:id:mai9mami:20200523151247j:plain

笹山城の主郭。

f:id:mai9mami:20200523151409j:plain

笹山城から見た景色。奥に見える高層の団地が野庭関城方面です。見晴らしが良く伝えの城の役割をしていたのも頷けます。

f:id:mai9mami:20200523153445j:plain

日限地蔵尊の山(左)と笹山城の間にあるこの道路は堀切の跡といわれています。

f:id:mai9mami:20200524233521j:plain

笹山城の位置。丸山台公園と日限地蔵尊の中間に位置する丘にあります。