ゆめのある子応援日記

日南市移住、れろのブログ

総陣(国富町本庄)

f:id:mai9mami:20210911115449j:plain

宮崎県東諸県郡国富町本庄にある義門寺は、1587年豊臣秀吉の島津征伐の際に、日向方面の総大将となった豊臣秀長が本陣を置いた場所といわれています。そのため総陣または豊臣秀長総陣として宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書に記載されています。そして山門脇には豊臣軍本営地址の立派な石碑が建っています🤗

義門寺は1346年、綾城を築いた細川小四郎義門の曾孫である義康が、義門を供養するために建てたと伝わります。

f:id:mai9mami:20210911115727j:plain

義門寺の山門。

f:id:mai9mami:20210911115520j:plain

義門寺。

f:id:mai9mami:20210911115550j:plain

義門寺の本堂。

f:id:mai9mami:20210911122622j:plain

豊臣秀長が出した禁制も残されているとのこと。

f:id:mai9mami:20210911115744j:plain

国富町は江戸時代に天領でした。

f:id:mai9mami:20210911120241j:plain

義門寺の道路を挟んだ向かいにある義門寺石塔群。

f:id:mai9mami:20210911122820j:plain

義門寺石塔群。中世の墓石が並びます。

f:id:mai9mami:20210911122748j:plain

大きい五輪塔2つは曽我兄弟の供養塔という伝承があります。

f:id:mai9mami:20210911122736j:plain

伊東塔のような墓石。

f:id:mai9mami:20210911120045j:plain

義門寺石塔群の説明板。

f:id:mai9mami:20210916212932p:plain

義門寺の位置。国富市街地の台地上にあります。

宮崎県で「豊臣」の史跡が見れるとこはほとんどないから貴重ですね。国富町はあまり知られてないけどすごい史跡が結構残っています。

本庄城(国富町本庄)

f:id:mai9mami:20210911121829j:plain

国富町の本庄中学校は伊東四十八城の1つ、本庄城があった場所といわれています。本庄城は鎌田城、鎌田ヶ城とも呼ばれ、城主は伊東氏家臣の川崎兵部丞でした。

上写真は南側を流れる本庄川越しに見た本庄城の丘陵。

f:id:mai9mami:20210915201335p:plain

本庄城の位置。

f:id:mai9mami:20210915204428p:plain

本庄城のあった本庄中学校周囲の地形。城跡を周りこむように国富〜綾の道路がUの字に通っています。

f:id:mai9mami:20210911123354j:plain

城跡に建つ本庄中学校。

f:id:mai9mami:20210911123246j:plain

本庄中学校。

f:id:mai9mami:20210911123253j:plain

本庄中学校の東端。土塁があったように見えなくもない。

f:id:mai9mami:20210911123303j:plain

外側から見ると城塁に見える。

f:id:mai9mami:20210911123227j:plain

南東隅の部分。

f:id:mai9mami:20210911123441j:plain

本庄中学校の北側。北の台地を分断する空堀があったといわれています。

f:id:mai9mami:20210911123617j:plain

中学校北側は地形が引くなっている場所もあります。

f:id:mai9mami:20210911123913j:plain

東側の道路に出る道。

f:id:mai9mami:20210911124715j:plain

本庄城の東側。道路から見ると城跡は高台になっているのがわかります。

f:id:mai9mami:20210911124126j:plain

本庄中学校南側にある宗久寺の山門。

f:id:mai9mami:20210911125020j:plain

宗久寺。ここも城域でした。

f:id:mai9mami:20210911124437j:plain

南側から見た本庄城の高台。

中学校周囲の地形に城の名残を感じながらの散策でした😌

守永城(国富町森永)

f:id:mai9mami:20210911102649j:plain

宮崎県東諸県郡国富町森永にある守永城です。伊東四十八城の1つで城主は伊東氏家臣の内田四郎左衛門でした。守永城は九州オリンピア工業の工場がある場所が跡地といわれ、発掘調査では遺構が発見されたそうです。上写真は九州オリンピア工業がある守永城の丘陵。

f:id:mai9mami:20210911104727j:plain

大乗寺の駐車場にある守永城の説明板より。

f:id:mai9mami:20210911092948j:plain

守永城跡地に建つ九州オリンピア工業。

f:id:mai9mami:20210911092427j:plain

工場東側。

f:id:mai9mami:20210911094542j:plain

工場西側。

f:id:mai9mami:20210911130622j:plain

工場北側。

f:id:mai9mami:20210911094423j:plain

工場北側。

f:id:mai9mami:20210911130609j:plain

工場北側の台地には本庄古墳群があります。

f:id:mai9mami:20210911104757j:plain

さらにもう1つ守永城の跡地と想定されている場所が南西に1km離れたとこにあります。こちらは大乗寺の近くにあり字名から平城と呼ばれています。説明板によると昔は空堀や曲輪が見られたそうです。

f:id:mai9mami:20210911133459j:plain

守永城の説明板と平城に至る道。

f:id:mai9mami:20210911132947j:plain

平城の丘陵。

f:id:mai9mami:20210911133023j:plain

平城の丘陵の曲輪内部は藪がすごく入るのやめました。

f:id:mai9mami:20210911133102j:plain

平城の空堀のような凹み。

f:id:mai9mami:20210911132355j:plain

守永城の説明板。大乗寺の駐車場にあります。かなり新しめの説明板です。

f:id:mai9mami:20210911132454j:plain

大乗寺の山門。

f:id:mai9mami:20210911132534j:plain

大乗寺は守永殿といわれた伊東祐氏ゆかりの寺だそう。

f:id:mai9mami:20210915002607p:plain

守永城と平城の位置。

ここからはあくまで個人的な見解ですが、伊東四十八城の城の規模から想像すると九州オリンピア工業の跡地が守永城と見て良さそうです。
平城は守永城の出城であったか、島津時代に森永地区を統治するための城だったか。
西都市にある伊東四十八城の三納城の麓にも、平城と呼ばれる島津氏が三納地区を統治するために築いた城があり同じような感じがします。