ゆめのある子応援日記

日南市移住、れろのブログ

縣城

f:id:mai9mami:20200119104750j:plain

日南市戸高にある縣城(吾田城)に登ってきました。

縣城は吾田小学校の裏山にあります。

f:id:mai9mami:20200118223039j:plain

縣城の縄張り図。日南市教育委員会の歴史まちあるきマップより。

わかりやすくするため縄張り図の各曲輪にアルファベットを振っています。

中心の曲輪は堀切で分断されたA〜Cの3つの曲輪からなり、中心部から南に派生した尾根と、南東に派生した尾根にも曲輪が展開しています。

城へのアクセスは望洋台霊園から行くと楽ですが、今回は山の南側にある横手公民館の奥に登山道があるので、そこから山登り。

f:id:mai9mami:20200118133645j:plain

縣城の登り口。ここから山の上まで整備された山道を登ります。

f:id:mai9mami:20200120170156j:plain
登っていくとこの場所に出ます。正面の突き当たりは縣城の曲輪Cの切岸です。右に行くとAからCの曲輪の下を通り城の中心部へ、左に行くと南側の尾根の曲輪に行くことができます。

f:id:mai9mami:20200118142851j:plain

AからCの曲輪の下を通る犬走り的な道。

f:id:mai9mami:20200118134118j:plain
曲輪CとBの間の堀切。堀切は藪化しています。

f:id:mai9mami:20200118142602j:plain

曲輪BとAの間の堀切。

f:id:mai9mami:20200118135058j:plain

曲輪B内部。

曲輪Bは比較的整備されていて中に入ることができますが、曲輪AとCは藪化しています

f:id:mai9mami:20200118135603j:plain

曲輪AとDを分断する大堀切。

右が曲輪Aの切岸で高くて迫力があります。この大堀切が縣城の最大の見所かもしれません。

f:id:mai9mami:20200118140927j:plain

大堀切から谷に落ちる縦堀。

ここも堀に深さがあり迫力があります。

f:id:mai9mami:20200118141126j:plain

大堀切を逆の角度から。

f:id:mai9mami:20200118141508j:plain

曲輪Aの切岸。

f:id:mai9mami:20200118141110j:plain

大堀切からみた曲輪D。

f:id:mai9mami:20200118141823j:plain

曲輪Dの内部に祀られている地蔵さま。

f:id:mai9mami:20200118142716j:plain

南東に派生した尾根にある曲輪E。

歴史のある古木があります。

f:id:mai9mami:20200118143714j:plain

南側に派生した尾根にある曲輪F。

f:id:mai9mami:20200118143850j:plain

曲輪Fには虎口のような遺構があります。

f:id:mai9mami:20200118143919j:plain

曲輪Fの東側にある帯曲輪。

f:id:mai9mami:20200118144423j:plain

曲輪Fの西側にある帯曲輪。帯曲輪と曲輪Fは場所により高い切岸となっています。

f:id:mai9mami:20200118155658j:plain

縣城は誰が城主だったのか歴史的な詳細は不明ですが、戦国時代の遺構が残る山城が日南市役所近くにあるというすごさ。

日南市中心部にあるから気軽に山城散策できる城としておすすめです😊