ゆめのある子応援日記

日南市移住、れろのブログ

城攻め

曽井城(宮崎市恒久)

南宮崎の野崎病院が建つ丘陵には戦国時代に伊東四十八城の1つ曽井城がありました。曽井城は南北朝時代に伊東氏一族の曽井氏により築かれ、伊東四十八城時代には伊東氏家臣の八代民部左衛門尉が城主でした。1587年豊臣秀吉の九州征伐の先導役をした功により伊…

北村・城ノ下(国富町宮王丸)

宮崎県東諸県郡国富町宮王丸にある北村・城ノ下という城跡伝承地に行ってきました。宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書に記載のある城跡ですが、いつの時代の城か、城主は誰だったのか、詳細な歴史は不明です。 北村・城ノ下の位置。国富市街地の丘陵東端…

肥田木城(綾町入野)

宮崎県東諸県郡綾町入野にある肥田木城は肥田木正連の居城でした。肥田木正連は伊東氏の家臣でしたが木崎原の戦いで伊東氏が大敗すると、島津氏の家臣となりこの城を任されます。上写真は天然の外堀である綾南川越しに見た肥田木城。 肥田木城入口に建つ石碑…

守永城(国富町森永)

宮崎県東諸県郡国富町森永にある守永城です。伊東四十八城の1つで城主は伊東氏家臣の内田四郎左衛門でした。守永城は九州オリンピア工業の工場がある場所が跡地といわれ、発掘調査では遺構が発見されたそうです。上写真は九州オリンピア工業がある守永城の丘…

本庄城(国富町本庄)

国富町の本庄中学校は伊東四十八城の1つ、本庄城があった場所といわれています。本庄城は鎌田城、鎌田ヶ城とも呼ばれ、城主は伊東氏家臣の川崎兵部丞でした。上写真は南側を流れる本庄川越しに見た本庄城の丘陵。 本庄城の位置。 本庄城のあった本庄中学校周…

総陣(国富町本庄)

宮崎県東諸県郡国富町本庄にある義門寺は、1587年豊臣秀吉の島津征伐の際に、日向方面の総大将となった豊臣秀長が本陣を置いた場所といわれています。そのため総陣または豊臣秀長総陣として宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書に記載されています。そして…

石城(木城町石河内)

宮崎県児湯郡木城町石河内にある石城。伊東四十八城の1つで城主は長友源三郎でした。新納石城とも呼ばれています。 石城の位置。城の三方を小丸川がぐるりと囲むように流れ、唯一陸続きの西側尾根を堀切で遮断する難攻不落の城です。 石城の説明板より石城の…

天ヶ城(宮崎市高岡町)

宮崎県宮崎市高岡町内山にある天ヶ城に行ってきました。 天ヶ城は関ヶ原の戦いで西軍につき敗れ帰国した島津義弘が、東軍の伊東氏に備えて国境を守るために築いた城です。天ヶ城の山の上には天守閣を模した天ヶ城歴史民俗資料館があり遠くからでも目立ちます…

小塚城(高原町蒲牟田)

宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田にある小塚城に行ってきました。 周囲を水田に囲まれた低い丘陵が小塚城です。丘陵上には曲輪とおぼしき平坦地があり公園と霊園になっています。 小塚城の位置。高原の市街地から南に離れた小塚地区にあります。 高原城の丘陵の地…

諏訪屋敷(高原町広原)

宮崎県西諸県郡高原町広原にある諏訪屋敷と呼ばれる城跡です。 水田の中にある微高地に方形の居館跡、周囲の外堀跡が残っています。諏訪屋敷の城主やいつの時代に使われた城かなど詳細な歴史は分かっていません。諏訪屋敷の微高地には神社が昔あったと伝わり…

奥城(高原町後川内)

宮崎県西諸県郡高原町後川内にある奥城です。 奥城は高原の東部に位置する後川内地区にあり、奥と呼ばれる集落の台地端部に平坦地が残りますが、城の縄張りなどはよく分かっていません。また城主や歴史的な城の詳細も不明です。 上写真中央の木々に囲まれた…

今城(串間市一氏)

宮崎県串間市一氏にある今城に行ってきました。 今城は『宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書』によると、揚原集落の北西1.5㌔の丘陵端部にあり、現在は畑地となり遺構は不明瞭と記載があります。誰が城主だったのか歴史的な詳細もまったくわかっていない…

大豆戸城(横浜市港北区)

神奈川県横浜市港北区篠原北にある大豆戸(まめど)城の丘陵です。 大豆戸城は小田原北条氏の家臣 小幡泰久が城主で、小机城の出城といわれています。 大豆戸城の位置。菊名駅東側の丘陵にありました。 大豆戸城の地形図。大豆戸城のあった丘陵には現在住宅…

鳥山城(横浜市港北区)

神奈川県横浜市港北区鳥山町にある鳥山城です。 鳥山城は源頼朝の御家人 佐々木高綱の居館と伝わります。館跡には現在鳥山八幡宮が鎮座しています。鳥山八幡宮のある場所は高台になっているのが上写真でわかります。 鳥山城の位置。 鳥山城の地形図。 鳥山城…

小林城(小林市真方)

宮崎県小林市真方にある小林城に行ってきました。 小林城は1566年伊東義祐の命により米良筑後守重方が築城し、伊東四十八城の1つとなります。米良筑後守は須木城と野首城の兼任で小林城の城主を任されたので伊東義祐の信任が厚かったのでしょう。島津義久、…

黒貫城(西都市岩爪)

宮崎県西都市岩爪にある黒貫城に行ってきました。 戦国時代に伊東氏が都於郡城を治めた時代に日向一の寺院として栄えた黒貫寺。その背後の丘陵に築かれたのが黒貫城です。黒貫寺のある場所が都於郡城と佐土原城を結ぶ往還が通ることから、伊東氏が都於郡城の…

坂口館(長崎県大村市)

長崎県大村市荒瀬町にある坂口館に行ってきました。 坂口館は大村氏の家臣 庄頼甫の屋敷といわれ、日本初のキリシタン大名 大村純忠はこの坂口館で隠居し、1587年に54歳で亡くなりました。いわば大村純忠終焉の地です。現在坂口館は当時から流れる館の川と呼…

琴平岳(長崎県大村市)

長崎県大村市原町にある琴平岳。 1577年の菅無田合戦で佐賀の龍造寺隆信が本陣を置いた山です。 もともと琴平岳は麻生岳といい、大村純忠が早朝に琴平岳を奇襲し龍造寺勢を諫早に撤退させたことから朝追岳と呼ばれるようになります。その後の1797年に朝追岳…

岩松城(長崎県大村市)

長崎県大村市岩松町にある岩松城に行ってきました。 JR大村線岩松駅の北側の丘陵に築かれた岩松城は、大村氏の家臣で鈴田を治めた豪族 鈴田道意の持ち城といわれています。1474年の中岳合戦で大村純伊は鈴田道意の裏切りに会い有馬氏に大敗。一時領地を失っ…

八戸城(佐賀県佐賀市)

佐賀城から西に3キロの佐賀市八戸にある八戸(やへ)城に行ってきました。 八戸城は於保氏の一族である八戸氏の居城です。戦国時代末期の八戸城主だった八戸宗暘(むねてる)は、妻が龍造寺隆信(佐賀城主)の姉でしたが、隆信と敵対したため龍造寺氏に攻め…

伊賀峰城(長崎県大村市)

長崎県大村市溝陸町にある伊賀峰城に行ってきました。 伊賀峰城は大村領と諫早領の境目の城で、大村氏の西郷氏に対する最前線の出城です。城主はわかっていませんが大村氏傘下の在地土豪が築いたといわれています。 伊賀峰城のある山は山頂が南北に長く、南…

薩摩迫館(都城市山田町中霧島)

宮崎県都城市山田町の古江という奥まった地区にある薩摩迫館。ここが戦国時代に都城を領した北郷家発祥の地です。 薩摩迫館の位置。 薩摩迫館の縄張り図。 薩摩迫館の大手口。 大手口から山に入ると草が生い茂った大手道があります。大手道は曲輪2と曲輪3に…

梶山城(三股町長田)

宮崎県北諸県郡三股町にある梶山城に行ってきました。 梶山城は庄内十二外城の1つで、1599年の庄内の乱では伊集院方の野辺彦市、野辺金右衛門、谷口丹波、谷口伊予が城を守りました。 梶山城の歴史は古く、1394年今川方の軍勢が梶山城を攻めた際に、北郷久秀…

小山城(都城市高城町桜木)

宮崎県都城市高城町桜木にある小山城に行ってきました。 小山城は伊東氏が三俣院を領したときの伊東三俣八城の1つで、宮崎氏、宮永六郎が城将でした。1532年島津氏、北郷氏、北原氏連合軍との戦いに伊東氏は敗れ、小山城の宮崎氏、宮永六郎も戦死しています…

出水城(鹿児島県出水市)

鹿児島県出水市麓町にある出水城に行ってきました。 出水城は薩州島津氏7代の居城です。山の形が亀に似ていることから亀ヶ城とも呼ばれています。薩州島津氏は島津本家8代久豊の次男、島津用久が初代で出水城を拠点にします。1587年豊臣秀吉の九州征伐の際に…

三ツ山城(小林市細野)

宮崎県小林市細野にある三ツ山城。戦国時代には伊東四十八城の1つとなり、伊東氏の家臣 平良兼賢が城主でした。三ツ山城は源平合戦の頃に宝光院の住職である吉富氏により築かれたといわれます。小林市最古の城で小林城ができる前は三ツ山城が小林の中心だっ…

野首城(小林市東方)

宮崎県小林市東方にある野首城です。 野首城は伊東四十八城の1つで城主は米良筑後守重方でした。米良筑後守は須木城、小林城の城主も任されていることから伊東義祐の信任があつかったようです。1572年の木崎原の戦いで米良筑後守が戦死すると伊東祐青(伊東…

内木場城(小林市東方)

宮崎県小林市東方にある内木場城です。 内木場城は1571年に伊東加賀守祐安が入り大改修したといわれます。伊東加賀守は翌年の木崎原の戦いで伊東軍3000の総大将として出陣しますが、300の島津軍に大敗し伊東加賀守自身も戦死しています。 内木場城の位置。城…

高原城(高原町西麓)

宮崎県西諸県郡高原町西麓にある高原城に行ってきました。 高原城は伊東四十八城の1つで、城主は福永源左衛門尉でした。城跡のすぐ脇を宮崎自動車道や国道221号線が通り、今でも交通の要衝なのがわかります。 上写真は国道221号線から見た高原城の本丸。 高…

西方城(串間市西方)

宮崎県串間市西方にある西方城に行ってきました。 善田川と牧ノ谷川に挟まれた台地上に築かれた西方城。現在城跡のあった台地は宅地や畑地に造成され遺構は不明瞭です。地元の方の話によると城跡の台地がある場所は昔から「城内(ジョウノウチ)」と呼ばれる…